耳鳴りの症例:発症から1か月で針治療を始めた例

2019年1月〜8月の症例です。

50代男性、Mさん。東京都小平市在住。
1か月前から耳鳴りがして耳鼻科を受診し、漢方薬(ツムラの釣藤散)を飲んでいます。漢方薬を飲むと少し調子がいいとのこと。
耳鳴りがする以前から首肩のコリがひどく、月1〜2回針治療を受けていました。

1月より耳鳴りの治療を開始し、月2回のペースで治療を続けました。
3月に「ほとんど気にならない」レベルまで一時良くなったのですが、その後すぐにまた戻ってしまい、漢方と針を続けました。
6月には、耳鳴りの「音の大きさ」は最初の頃の5分の1程度に、聞こえる頻度は2日に1度程度まで回復しました。

今年の梅雨は関東地方では6月9日〜7月29日までと比較的長く、また雨が多かったこともあって、通院中の耳の患者様は「調子が悪い」とおっしゃる方が多かったです。
Mさんも、この時期調子が悪かったそうですが、梅雨が明けてしばらくすると「かなり気にならない」レベルまで良くなりました。そして8月中旬に来院され、念のためにもう一度治療をして「あとは様子を見てみます」と言っていただきました。

全部で13回で、定期的な治療は終了しました。
発症から1か月以内以内と早期に治療を開始したため、比較的少ない回数で治療を終了できた症例と言えます。

関連記事

  1. 顔面神経麻痺後遺症の症例: まぶたの引きつれ、口の周りも動かしに…
  2. 突発性難聴の患者様へ
  3. てい鍼、員利鍼、ローラー鍼 「小児はり」と「刺さない針」の治療について
  4. 治療実績【2020年9月最新版】
  5. 副鼻腔炎の後のしつこい鼻づまり
  6. 耳鳴りの症例:8年間患ったひどい耳鳴り
  7. 患者様から聞いた話: 健康法の「やり過ぎ」にはご注意ください
  8. 難聴を予防するために、今日からできること

症状別にブログを読む

最近の記事

PAGE TOP