網膜色素変性症の症例: 運転免許更新を目標として

2021年11月〜2022年1月の症例です。

病状

長野県より新幹線で通院中の患者様、T様。50歳、男性。
12年前に網膜色素変性症とわかり、一時的に暗順応を改善する治療薬、アダプチノールを服用しています。
視野の一部に欠けがあり、視力低下に悩んでいますが、お仕事の関係から運転免許は欠かせないとのこと。
初診時の視力を伺うとかなり厳しい数値でしたが「それでもなんとか免許更新できたら……」と希望を持って来院されました。

治療経過

2021年11月より月1回来院され、針治療を行いました。
12月の検眼では視力がほんのわずか上がっていたそうです。
以後1月までの治療では特別なことはしていません。
私からは「万が一視力検査にパスできなかった場合には、追加の治療を試してみましょう」とご提案しました。

結果としては初日のトライで無事受かり、運転免許を更新することができました。
左目は一度で通りましたが、右目と両目では2〜3回測り直してパスしたそうです。

T様より、うれしいご報告をいただきました。

今後も運転に適切な視力維持のため、月1回程度来院される予定です。
2022年2月より低周波治療(パルス)を試してみたいと希望され、追加しています。

関連記事

  1. 網膜色素変性症の症例: 定期検査の視力
  2. 《コラム》網膜色素変性症の患者様から聞いた話
  3. 網膜色素変成症の症例:自主トレと並行
  4. 甲状腺眼症・網膜色素変性症の症例: 6年間、良好な視力をキープ
  5. 中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)の症例: 左目が歪んで見え…
  6. 網膜色素変成症の患者様の体験談:メンタルヘルス
  7. 《ニュース》網膜電気刺激治療の治験
  8. 網膜色素変性症の症例: 病状の進行を抑えたい

症状別にブログを読む

最近の記事

PAGE TOP