耳閉塞感の治療

2016年10月の症例をご紹介します。

40代、女性。
2日ほど前から突然音がこもって聞こえるようになり、耳管開放症かも?と思って来院したそうです。

まずは耳鼻科の受診を勧めましたが、病院での治療や、薬の治療をしたくないので、針を試したいとのこと。

耳のトラブルは顎関節症の影響を受ける場合もありますが、この方も思い当たるフシがあると言うことで、耳の治療に加え顎関節のツボにも何点か針をしました。

翌朝は「すこしいいかもしれないけど、いまひとつ」の感じだったそうですが、1日会社を休んで、電気のホットパックをしながら寝ていたら、夕方になって「無事、開通しました!」とご連絡をいただきました。

早めに治療に来られたことと、治療の翌日充分に休まれたことによって、早期改善した例だと思います。
翌週にもう1度受診していただき、治療は終了しました。

関連記事

  1. Q: 耳鳴りの治療は何回で治りますか?
  2. 耳鳴り、めまいの症例: 10年ぶりの針治療
  3. 《コラム》せんねん灸の年越しキャンペーンが始まります
  4. 難聴を予防するために、今日からできること
  5. 【症例】小児先天性難聴・10歳・小学生
  6. 耳の症例:  騒音性難聴・耳閉塞感・耳鳴りとサフォー症候群の治療…
  7. 患者様からの質問: 治療院を変えようか迷ったとき、何回ぐらいで判…
  8. 治療実績【2020年9月最新版】

症状別にブログを読む

最近の記事

PAGE TOP